介護職は転職エージェントを使ってストレス緩和

あなたは大丈夫?介護職員のストレス問題

転職エージェントを賢く利用するポイント

転職エージェントを賢く利用するポイント
[`evernote` not found]
Pocket

転職エージェントをフル活用するコツ

介護職のストレスを緩和するための転職は、同じ失敗が怖くて気が引けるかもしれません。そんな心配を吹き飛ばしてくれるのが転職エージェントです。
転職エージェントを活用するポイントは、エージェントに与える自分の印象を意識することです。エージェントとの面接は企業との面接とは違ったラフな場面とはいえ、そのときに受けた印象が先方に伝わることを考えるとやはり意識したおきたいところです。エージェントは求人を出している企業や施設側から要望をヒアリングしています。その際、ネガティブで暗い印象の人がいいと言われることはないはずです。前職で大きなストレスを感じて転職を決めたことは伝えるにしても、前職の悪口をただ吐き出す場ではありません。愚痴になりかねない部分はできるだけ客観的に、冷静に伝えて転職先に希望することを伝えます。
エージェントによってサービスの内容やアドバイスの方向性が異なる場合があるので、できるだけ多くの選択肢から最適の求人を選べるよう、複数のエージェントに登録してみましょう。ただし、あまり多すぎるとやりとりが大変なので、最終的に付き合うエージェントは多くても3つぐらいにしておくことをおすすめします。合わないと思ったエージェントは、無理して付き合おうとせず遠慮なく断りましょう。そうしてエージェントを厳選していくことによって質の高い転職活動ができるようになるはずです。信頼できるエージェントを見つけたら、定期的に連絡を取りましょう。エージェントとの信頼関係が良好であれば、転職活動もテンポよく進みます。

エージェント利用で注意したいこと

転職エージェントが多くの求人を保有していることは確かですが、多いから絶対に希望通りの案件があるという保証はありません。希望条件が細かければそれだけ選択肢が減り、最悪の場合は案件ゼロという可能性もあります。経験が豊富で資格を持っているなど、市場価値が高いと判断できる要素があれば好条件の求人を紹介してもらえますが、できる以上の求人を紹介してもらえることはありません。また、エージェントに頼ることはいいとしても、言われるままになるのはおすすめできません。悪質なエージェントはとにかく早く転職するよう話を進めたがるので、エージェントの思惑に乗せられないよう注意が必要です。エージェントは、マッチングを成功させることによって報酬を手に入れます。そのことを頭の片隅に置きつつエージェントの話を聞きましょう。本当に親身になって仕事を探そうとしてくれているのか、とにかく話を決めたいだけなのかを見極め、親身になってくれるエージェントとの付き合いを大切にしてください。

介護ストレスにお悩みの方へ

auther

介護職がストレスフルである要因とストレスの解消法などを紹介するサイトです。